行政書士の人気テキストの裏側(LEC)

行政書士のテキストを調べるときにTACと並んでよく名前があがってくるのがLECでしょう。
特に、スクールがつくっている行政書士のテキストという枠になると、LECが占める位置は非常に強大なようです。LECは絶えず新しいアイデアを取り入れることに熱心な会社でもあります。

LECの概要

LECは正式名称の「東京リーガルマインド」という名前で探しても行政書士のテキストがしばしばあがってきます。東京リーガルマインドは資格のスクールや通信講座の世界でも巨大なシェアを占めていますから行政書士の講座を申し込んだときは、テキストもその他の教材も非常に豪勢さが感じられます。

LECの行政書士のテキストの特徴

スクールとして有名なLECですが、テキストだけの販売にも手を抜く会社ではありません。
安いテキストから高めのテキストまで種類も多いですし、シリーズをセット化して販売することもかなり前からやっています。クーポンや割引も多いですし、講座とセットにした場合にはキャンペーンの種類はさらに多くなりますね。

LECの行政書士のテキストから開ける発展性は?

LECのテキストは数も多いですから「1冊使ったらさらにもう1冊買って使う~」というパターンもよく踏襲されているようです。そして、何よりもスクールや通信講座が豪勢ですから、講座に申し込む人も少なくありません。とにかく「形から入り込んで勉強したい」人にはLECはテキストからはじまって
すべてが本格的に見えてやりやすいですね。

LECの行政書士のテキストの総評

LECの行政書士のテキストは、早くからアプリが導入されるなど最新技術が取り入れられてきましたし、先駆的な試みが数多く散見されるという特徴が目立ちますね。
もちろん行政書士のテキストであるという原理はLECでもよそでも変わりませんが、豪華さがあって安心して勉強できるという特性があります。講座のほうもそれは同じですが、講座のほうはテキストと違い安い種類がほとんどなく、気軽に試しやすいとはいいがたい状況になっていることがネックになるでしょうか。

>出題傾向を徹底研究したテキストならこちら