行政書士の、テキスト含むおすすめのセット

行政書士のテキストでおすすめはどんな種類なのか? これは単純な質問のようですが、しかし奥が深い命題でもあるでしょう。
行政書士のテキストの定義もだいぶ複雑になってしまいましたし、個々人でどんな勉強のやり方を好むのかはまちまちだからです。

もともと今では、行政書士の試験に早く受かりたいと思ったらただテキストだけを読んでいれば受かるという時代ではありません。
過去問をやることは必須ですし、「テキスト」といってもただ教科書だけをさす時代でもないでしょう。教科書のようないわゆるテキストのほかに強力な教材が現在の行政書士受験では多いのです。

端的に書いてしまうと、特におすすめのできる行政書士のテキストは、現在では通常の本形式のテキストだけではありません。メディアミックスしているテキストも行政書士受験者にとってのおすすめになります。
現在の行政書士のおすすめの勉強法、おすすめの教材、そしておすすめのテキストといったら

  • ベースで使用するテキスト(数冊に分かれているといい)
  • 過去問数冊(数年分。解説が詳細なもの)
  • 六法全書(軽めでもいい)
  • 映像形式の教材(DVDがいちばんおすすめ。またはネット視聴型の動画等)
  • 音声形式の教材(CDでいい。またはネットからダウンロード等もあり得る)

といったリストになるでしょうか。

DVDやCDのような教材は、読みやすいテキストがあればいらないと思う人もいそうですが、行政書士のような難易度の高い資格試験を受ける限りそれは間違いでしょう。
DVDやCDのような教材を使うと耳や目から講義を聴くことができますから、スクールに行かなくてもプロの指導者の講義を利用できます。
それと並行してテキストや過去問の勉強も進めていくと信じられないくらいの効果が生まれるのです。

CDは持ち運びも楽ですから、外出中の些細な空き時間も勉強時間に変えることができますし、DVDだったら映像ですから、先生の話を聞きとりながら、そして先生が書くことや指し示すことを眺めながら勉強することができます。これはわかりやすさを求めるのなら最高レベルです。

これらのテキストほかの行政書士の教材がおすすめなことは認識できても、全部手に入れようとするとたいへんそうだと思う人も多そうですね。しかし通信講座だったらまとめて送ってもらうことができます。
しかもキャンペーン等が行われている時期もよくありますし、かなり割安に申し込めることが多いですから、おすすめの行政書士のテキストだけを探すだけではなく、他の教材もセットになっているこれらの講座を利用することも一考の価値があります。

>出題傾向を徹底研究したテキストならこちら