行政書士の人気テキストの裏側(うかるぞ行政書士)

行政書士のテキストは今では実に多くの業者が発行していますし、多くの執筆者が毎年多数ペンを走らせていることになりますが、テキストもいってみれば紙でできた本であり、出版物ですね。
本といえば出版社が出すものと決まっていますが、学習期間や教育機関とは違って、出版社が著者に依頼して毎年発行され続けている行政書士のテキストもあります、「うかるぞ行政書士」はその中でいちばん著名になっているシリーズでしょう。

「うかるぞ行政書士」の概要

「うかるぞ行政書士」は『「うかるぞ行政書士」編集委員会』が著述から編集まですべてにあたっていることになっています(ただし、個人名義になっている種類もありますのでご注意ください)。
毎回メンバーは入れ替わっている可能性があり、毎回新しい人材を入れることで最新の行政書士の試験の動向をフォローしているという面もあるでしょうか。週刊住宅新聞社が版元となっています。

「うかるぞ行政書士」という行政書士のテキストの特徴

一種のロングセラーシリーズですが、当然改変にはかなり慎重になっているものとみられます。
絶えずどこかが変わっているのが行政書士試験ですから、「うかるぞ行政書士」はその変化をいちはやくとらえて読者に最新の試験情報とその攻略法を伝達してくれます。
科目ごとの解説等も全国の多数の読者のニーズに合わせるため、わかりやすさを真摯に追求したものとなっています。

「うかるぞ行政書士」という行政書士のテキストから開ける発展性は?

行政書士の試験専用のテキストですが、他の機関と直接の業務提携等をしているわけではないためどこかの講座等につながることはありませんが、その分1冊でできるだけ多くの内容をカバーする仕様になっているともいえます。

「うかるぞ行政書士」という行政書士のテキストの総評

あくまでもテキストだけが売られています。誰か指導者について習いながら読んでいくものではありません。
1冊1冊を主体的に読みこなし、使っていく必要があります。
もちろんそれを見越して、読みやすくつくられていますから心配はいりませんが、全部の内容をカバーしている種類を1冊買ってもそれだけでは物足りなくなって、同じ「うかるぞ行政書士」シリーズの他の種類も買って使っていくようになる傾向はあるでしょうか(それほど高額ではありませんから痛い出費になるわけではありませんが)。

>出題傾向を徹底研究したテキストならこちら