行政書士のテキストはどんなものならおすすめ?

行政書士のテキストを出している会社も、ひょっとすると日本全体で100以上あるのではないでしょうか?
それは大げさだとしても、何十という数字に上っていることは疑いようもありませんね。

行政書士のテキストのナビゲーターが必要な時代になってしまったので、「おすすめはどれか?」という
質問をつい初心者が浴びせたくなるのも無理はないのでしょう。
行政書士のテキストで、具体的にどれやどれがおすすめなのか? それは訊かれた人によって回答が変わりますし、後半のページで、数種類名指しで説明しますからこのページでは書きませんが、おすすめをされていることが多い行政書士のテキストとはいったいどんな内容でしょうか?

ここで軽くですが、行政書士のテキストでおすすめをするに足る条件を記しておきましょう。

各ページがとにかく見やすい、開いたときにわかりやすい

これは当たり前のことのようですが、だからといって守られているとは限りません。
読者(受験者)の好みもバラバラですから、全読者の好むページづくりは無理ですが、それでも共通している点はあるわけです。
そして、「文字や文章ばかりで読むのがつらくなる」「図や表が少ないか、あってもわかりにくい」といったテキストの場合は、しばらくするとだんだんとやる気が失せてしまうものです。

見やすい工夫、そしてわかりやすく、かつ試験本番まで続行する気になる工夫といったら、「カラーページを増やすなどして、目に優しく、かつ大事な点がわかりやすく印刷されている」「法律の仕組みのようなポイントについて分かりやすい図や表、そしてイラストを挿入して説明している」等でしょう。
これがうまくいっているテキストほど「行政書士に合格できる」としておすすめをよくされています。

ちょうどいいボリュームで分冊されている

行政書士の試験範囲は広大ですし、内容も専門的ですから親切につくろうと思ったらどうしても説明の量が莫大に増えてしまいます。1冊ですべてを教えようとするとかなり無理があることがこれだけでもわかりそうなものですが、テキストの形態によっては1冊しか出せないこともありますね(その手のタイプでは、ポイントが要領よくまとめられているものがおすすめでしょう)。

いちばんいいのは、シリーズであったりセットであったりで、複数に分けて行政書士試験範囲の説明がされているテキストです。
こうなっていればどんどん読んでいくことで各範囲をしっかりと勉強できますし、何よりもおすすめができる理由は持ち運びやすい点で、1冊1冊のテキストが軽量であれば出先で行政書士の勉強ができます。

忙しい受験者が多いわけですから、これは何よりも優先されるメリットでしょう。
行政書士のテキストはわかりやすさと、日々の使いやすさが特に大事だというわけですね。

>出題傾向を徹底研究したテキストならこちら