行政書士のメールマガジンの貢献度

ここでも引き続き、比較的問い合わせの数が目立ったことについてお答えしていきましょう。ここでのテーマは「メールマガジン」です。

メルマガは、広い意味ではデジタル媒体、IT・ネット媒体の一種ですね(ソーシャルメディアに含める有識者もいるようです)。行政書士の受験者にとって、デジタルメディアももちろん必要に合わせてどんどん利用していくことが大切になります。そして、最近ではメールマガジンを活用した行政書士受験者向けの情報提供サービスも活発に行われているようです。このようなメルマガは、個人で出されているものもあれば、何らかの事業者や行政書士受験の専門家から出されているものもあるようです。

もちろんそのメルマガの出所には注意しないといけませんが、確かにメルマガはおおいに有用となることもあります。メールマガジンの最大のメリットは、定期的(不定期な例もありますが)に発行されることと、最新情報を盛り込んで素早く送信できるということでしょう。

もともと受験者は孤独になりがちですね。特に勉強が進んでいけばいくほど、その他のことがおざなりになってしまうという特徴もあります。しかし、行政書士の受験では最新情報を常に仕入れることも忘れてはいけないものです。特に、受験勉強が早くから始まる場合なら、最新の法律の反映状況等には敏速に反応しないといけません。

行政書士のメールマガジンも、ものによって格差が激しいですが、確かに有益な情報を的確に、素早く送ってきてくれるものもあるようです。しかも、それが有料ではなく無料の場合すらあるのです。チャンスがあれば、購読するのも悪くはないでしょう。

行政書士のWebを介したメディア教材について

ここでも引き続き、比較的問い合わせの数が目立ったことについてお答えしていきましょう。ここでは、Webサイトを介したメディア教材が行政書士の受験者にどうプラスになるのか、が中心です。

Webサイトは現在の社会では、ひたすら大事なメディアでありインフラですね。というわけで、行政書士の受験についても、すでにありとあらゆる形式で利用されてきました。一部のスクールや通信講座の事業者が、Webストリーミングの動画という形で、講義の映像を送信しているのは、まさにその代表例でしょう。

※もっともこの手の映像の場合、回線の状況に左右されやすいという弱点があります。
できれば、(後述しますが)映像教材は、Web経由で再生できるようになっているに越したことはないですが、それ以外にDVDのような安定した環境で再生できるようになっているところのほうが無難でしょう。

このほか、会員制のサイトになっているケースもありますね。これらはスクールや通信講座の受講者であるといった、何らかの共通点を満たさないといけませんが、さまざまな特典を受けられることが多く、確かに重宝します。中で問題演習ができたり、そこの行政書士の先生に直接質問ができたりと、サービスは豊富です(Webということもあって、サービスの進化が早い点もメリットでしょう)。

※なお、再生環境が豊富であったり、あるいは再生環境によって複数のサイトがあったりするパターンもありますね。パソコン・タブレット・スマートフォン・ガラケー……と、今ではWebにつなげる環境はたくさんあります。自宅でも使えるほか、外に出たときでも使えるほうが、限りある行政書士の勉強時間を無駄なく使う上では便利です。最近は、スマートフォンサイトの中でDVDやCDの内容を再生できるようになっているケースも目立ってきました。

行政書士の予想問題集を使うなら

ここからは、このサイトをオープンして以来お問い合わせをいただいておりますので、その中から特に件数が多い質問について、1ページかけてお答えしていけたらと思います。
まずは、行政書士の予想問題集に関してです。

行政書士の受験勉強で、「問題集」といったら何はともあれまずは「過去問題集」ですね。過去問の役割は、行政書士の受験者にとってはテキストに負けず劣らず絶大ですから。
それでは、予想問題集となるとどうなるでしょうか? 

行政書士の勉強では、過去問はたくさんの目的で利用できます。問題の傾向をマスターすることも大切ですし、実際の試験に備えて問題を解くという作業に適応するためにも大切ですね。
言い換えますと、過去問だけでもだいぶ予想問題集の役割は果たせることになります、予想問題集の役割と言ったらなんといっても、試験を想定した問題演習になりますからね。

念のために書いておきますが、予想問題集は必要がないと言い切っているわけではありません。ここで結論を書くと、予想問題集はやってもいいものですし、やるからにはたっぷりと役立たせたいところです。ただし、過去問と比べれば必要性は劣りますし、テキストや過去問をかなりやり込んでから手を出すべきものでしょう。

たとえば、試験までの期間があまりない受験者だったら、テキストや過去問にひとまず集中するべきでしょう。あまり消化できていないのに、予想問題集をやる必要はあまりないと考えられます。

なお、予想問題集は1種類にこだわって使う必要はないでしょう。あくまでも余裕がある場合に限りますが、気に入ったものがあれば何種類でも買って使っていいでしょう。もちろん、複数の業者からバラバラに買い込んで使うという手もありますね。

行政書士のテキストのランキング、トップ3

行政書士のテキストを当サイトでは数種類ご紹介してきました。
どの種類も、口コミも愛用者も多く、心からおすすめできるすぐれものばかりですが、ひとつひとつを自分の目でチェックする余裕がない人もいるでしょう。
そんな人のためにここで行政書士のテキストの、最新のランキング付けをしておきたいと思います。

行政書士のテキストのランキングといっても、むろん暫定的なものであることは事実で、時と状況が変わればランキングはいかようにも変わりますが、現時点で、数々の切り口をもとに判断した結果、このようなランキングが行政書士のテキストではつくられるのだとご理解ください。

1位 フォーサイト

フォーサイトの行政書士のテキストは、行政書士の勉強を無の状態からやっていく人や、行政書士の資格を突然取りたくなった人のことを非常に考慮してつくられています。
合格に必要な知識の吸収に特化した構成と、やり続けることが楽になる工夫、そして講座としての安さ等、光る部分が随所に見えて、行政書士のテキストの首位に恥じないつくりを持っています。

2位 伊藤塾

伊藤塾のテキストはリピーターの多さが目立ちますね。大事な部分を逃さず、たたみかけるように教え込んでくれるその構成、そして本試験でうまく解答していけるアウトプットの能力の強化等、洗練されたつくり方になっています。あえて書くなら、講座としての充実度の点で少し希薄でしょうか。

3位 TAC

TACのテキストは毎年多数の受講者が入学するスクールの持つよさが表れています。多様なレベルの受講者が読んでもついていけるような構成となっている種類がほとんどです。
そしてスクールや通信講座に入る場合、講座の種類やその勉強法が多彩な点も今回評価対象にしました。

今回は、現在の行政書士の受験者の多くが抱える事情を重視してテキストのランキングを決めました(精度の高い行政書士テキストのランキング、トップ3ではありますが、できるだけまず自分の目で確かめる機会を増やしていただきたいと思います。行政書士のテキストは、結局は自分との相性が第一で、ランキングはその相性チェックの機会をつくるテキストを絞り込むツールとみなしたほうがいいでしょう)。

行政書士の人気テキストの裏側(うかるぞ行政書士)

行政書士のテキストは今では実に多くの業者が発行していますし、多くの執筆者が毎年多数ペンを走らせていることになりますが、テキストもいってみれば紙でできた本であり、出版物ですね。
本といえば出版社が出すものと決まっていますが、学習期間や教育機関とは違って、出版社が著者に依頼して毎年発行され続けている行政書士のテキストもあります、「うかるぞ行政書士」はその中でいちばん著名になっているシリーズでしょう。

「うかるぞ行政書士」の概要

「うかるぞ行政書士」は『「うかるぞ行政書士」編集委員会』が著述から編集まですべてにあたっていることになっています(ただし、個人名義になっている種類もありますのでご注意ください)。
毎回メンバーは入れ替わっている可能性があり、毎回新しい人材を入れることで最新の行政書士の試験の動向をフォローしているという面もあるでしょうか。週刊住宅新聞社が版元となっています。

「うかるぞ行政書士」という行政書士のテキストの特徴

一種のロングセラーシリーズですが、当然改変にはかなり慎重になっているものとみられます。
絶えずどこかが変わっているのが行政書士試験ですから、「うかるぞ行政書士」はその変化をいちはやくとらえて読者に最新の試験情報とその攻略法を伝達してくれます。
科目ごとの解説等も全国の多数の読者のニーズに合わせるため、わかりやすさを真摯に追求したものとなっています。

「うかるぞ行政書士」という行政書士のテキストから開ける発展性は?

行政書士の試験専用のテキストですが、他の機関と直接の業務提携等をしているわけではないためどこかの講座等につながることはありませんが、その分1冊でできるだけ多くの内容をカバーする仕様になっているともいえます。

「うかるぞ行政書士」という行政書士のテキストの総評

あくまでもテキストだけが売られています。誰か指導者について習いながら読んでいくものではありません。
1冊1冊を主体的に読みこなし、使っていく必要があります。
もちろんそれを見越して、読みやすくつくられていますから心配はいりませんが、全部の内容をカバーしている種類を1冊買ってもそれだけでは物足りなくなって、同じ「うかるぞ行政書士」シリーズの他の種類も買って使っていくようになる傾向はあるでしょうか(それほど高額ではありませんから痛い出費になるわけではありませんが)。

行政書士の人気テキストの裏側(伊藤塾)

行政書士のテキストは、試験に受かった人から落ちた人まで多数の受験者にとって最大の関心事です。
そして、受かった人の間でも落ちた人の間でも共通して、口コミでよく名前があがる行政書士のテキストといったら、伊藤塾のテキストは上位の常連になっているのではないでしょうか。

伊藤塾の概要

伊藤塾は、代表者の伊藤真(伊藤真自身が若くして法律家になっていますね)のカリスマ性が強く浮き出ている会社ですね。
伊藤塾と言えば世間では弁護士や司法書士の学校というイメージが強いようですが、行政書士もその一環でやっていますし、テキストもかなり前から発行してきました。

伊藤塾の行政書士のテキストの特徴

種類が豊富だというイメージは少ないかもしれませんが、伊藤塾のテキストは行政書士でもそれ以外の資格のときでも、わかりやすさや身につきやすさが素晴らしいという口コミがたくさんありますね。
じゅうぶんに衝動買いできる値段のものも多く出ています(コンパクトな中身の場合が中心になりますが)。
いったん買って使ったあとは熱心なファンになる人も珍しくないくらいの大人気です。

伊藤塾の行政書士のテキストから開ける発展性は?

伊藤塾の行政書士のテキストだけでも存分に試験に合格する学力はつくという噂もあるくらいですがもちろんそれだけで大丈夫ではありません。
ただし、伊藤塾の講座はスクールに通学するタイプも通信講座のタイプも多いですし、特にインターネットを使った講座も最近は増えていて、試しやすくなっているといえます。

伊藤塾の行政書士のテキストの総評

伊藤塾の行政書士のテキストはまったく行政書士のことを知らなかったような人たちのこともよく考えて書かれているといわれています。
特定のカテゴリに絞ったテキスト、それから講座(インターネットを使った在宅型の講座も多くなった模様です)も豊富なため、他の勉強法をやっていた人でも、すぐにでも試すことができるという利点がありますね。他の方法でうまくいかなくなったときにやってみるのもいいと思われます。

行政書士の人気テキストの裏側(フォーサイト)

行政書士のテキストでおすすめができる種類の特徴も、ひとつやふたつだけではありません。
細かな特徴も入れると本当に多くなりますが、そのほとんどにあてはまるという、極めておすすめがしやすい行政書士のテキストもあります。それがフォーサイトですね。

フォーサイトの概要

フォーサイトは、通信講座専門の会社です。スクールと通信講座の二股をかけている会社と異なり、在宅型の資格試験の勉強を成功させる秘訣の研究を、こだわりを持って続けてきた会社ですね。
一連の資格試験の通信講座はいずれも、他社には見られないユニークさでいっぱいです。

フォーサイトの行政書士のテキストの特徴

フォーサイトのテキストの最大の特徴は、コストを費やすことを敬遠せずに原則としてフルカラーでつくっていることです。現在の日本の印刷業界はいうまでもなく一色刷りや二色刷りが基本ですから行政書士のテキストも、長く読んでいると単調に感じられてくるという欠点がつきものですが、フォーサイトの行政書士のテキストに関する限りどこを読んでいてもどこがポイントなのかが一目瞭然となっています。

フォーサイトの行政書士のテキストから開ける発展性は?

フォーサイトの場合、行政書士のテキストはその通信講座を申し込んだときに使われるテキストです。
ですがフォーサイトの行政書士の講座はただの通信講座とは違い、テキスト以外の教材も質が高く充実しているため、通信講座として申し込んで損はありません。価格の面でもこの業界で比したときかなり安上がりになっています。

フォーサイトの行政書士のテキストの総評

フォーサイトの行政書士のテキストは、それだけを読んでいても他社のテキストにひけを取らず、試験の合格に欠かせない学力を数ヶ月でものにできるようになっています。
それに他の教材(CDやDVD等)の学習効果も抜きん出ていますし、単なる通信講座には終わらずスクール型の持ち味も引き出せるようなつくりとなっています。
フォーサイトをおすすめする人が、行政書士のテキストの口コミで少なくないのはそれらの事情によるものでしょう。

行政書士の人気テキストの裏側(LEC)

行政書士のテキストを調べるときにTACと並んでよく名前があがってくるのがLECでしょう。
特に、スクールがつくっている行政書士のテキストという枠になると、LECが占める位置は非常に強大なようです。LECは絶えず新しいアイデアを取り入れることに熱心な会社でもあります。

LECの概要

LECは正式名称の「東京リーガルマインド」という名前で探しても行政書士のテキストがしばしばあがってきます。東京リーガルマインドは資格のスクールや通信講座の世界でも巨大なシェアを占めていますから行政書士の講座を申し込んだときは、テキストもその他の教材も非常に豪勢さが感じられます。

LECの行政書士のテキストの特徴

スクールとして有名なLECですが、テキストだけの販売にも手を抜く会社ではありません。
安いテキストから高めのテキストまで種類も多いですし、シリーズをセット化して販売することもかなり前からやっています。クーポンや割引も多いですし、講座とセットにした場合にはキャンペーンの種類はさらに多くなりますね。

LECの行政書士のテキストから開ける発展性は?

LECのテキストは数も多いですから「1冊使ったらさらにもう1冊買って使う~」というパターンもよく踏襲されているようです。そして、何よりもスクールや通信講座が豪勢ですから、講座に申し込む人も少なくありません。とにかく「形から入り込んで勉強したい」人にはLECはテキストからはじまって
すべてが本格的に見えてやりやすいですね。

LECの行政書士のテキストの総評

LECの行政書士のテキストは、早くからアプリが導入されるなど最新技術が取り入れられてきましたし、先駆的な試みが数多く散見されるという特徴が目立ちますね。
もちろん行政書士のテキストであるという原理はLECでもよそでも変わりませんが、豪華さがあって安心して勉強できるという特性があります。講座のほうもそれは同じですが、講座のほうはテキストと違い安い種類がほとんどなく、気軽に試しやすいとはいいがたい状況になっていることがネックになるでしょうか。

行政書士の人気テキストの裏側(TAC)

行政書士のテキストを検索しようとするとすぐにあふれ出てくる情報の洪水にとまどってしまいますね。
それでも、どんなふうに行政書士のテキストをサーチしても頻繁に名前が出てくる会社があります。
そのひとつがTACですね(TACは行政書士のテキストでも他の資格のテキストでも有名な会社ですし)。

TACの概要

TACは資格のスクールとしてはかなりの大手ですね。行政書士のテキストもその流れに沿って、TACは大量に制作・発行してきた歴史を持っています。基本テキストから問題集までジャンルも豊富ですね。
もちろん、単発のテキスト以外の使途(スクールや通信講座)も考えられます。

TACの行政書士のテキストの特徴

毎年種類も多くつくっています。通販等でも簡単にオーダーができますが、安い種類だったら2000円前後の値段で少しずつショッピングすることもできますから買いやすいことは間違いないでしょう。
安いものでも、二色刷りの体裁で、いつでもわかりやすさを踏まえながら書かれていることがほとんどです。

TACの行政書士のテキストから開ける発展性は?

スクールや通信講座の大手でもありますから、行政書士の講座も当然開かれています。そちらに申し込んだら自動的に講座専用の行政書士のテキストもくっついてきますから、テキストを使いつつ専任の講師の教えも受けることができます。TACの行政書士の講座は、種類も多く、予算や時間、内容等に合わせて選びやすいといえます。

TACの行政書士のテキストの総評

安くて小型の、とても買いやすい行政書士のテキストがTACは多く売っているため、特に、単発で買って使う分には安心しておすすめできます。
ものは試しに~といった勢いで買ってしまっても懐も痛まないですから安いものから(高いものも当然ありますね)選んでみるのも悪くないでしょう。
スクールや通信講座ももちろん悪くありません。ただ、講座の長続きのしやすさ等まで考慮しようとしたら、1位、2位の座は他社に譲るかもしれません(好き嫌いの問題ですが)。

行政書士のテキストをネットで安く買う方法の弱点

行政書士のテキストは今では種類も多くなりましたから、買うことはとても簡単になりました。
本屋さんに行ったらたいがいの店舗では行政書士のテキストが置いてあるでしょうし、現在は通信販売が社会に定着していますから、版元等に問い合わせて直接送ってもらうことだってできます。
通信販売と言えば、今ではオンラインショッピングも当たり前のように発達していますから、パソコンの前で数分操作するだけで行政書士のテキスト購入も終了してしまいます。

そんな時代である以上かえって注意しておきたいのですが、行政書士のテキストをネット上で、それも安く間に合わせようとする人たちが増えてしまったようです。しかしそれは賢明ではありません。
オンラインショッピングサイトといっても、アマゾンのようなサイトの場合新品と中古品が同時に出回っていますね。当然中古品は安く売り出されています。
そして、オークションサイトも全盛期の時代です。ヤフーオークション等にアクセスすると、ありとあらゆる品物が出品されている勢いですが、行政書士のテキストを出品している人たちもいつでもいるようです。

行政書士を目指している人たちは進路に悩んでいることも多く、資金力がないことも普通ですからつい安く買う方法をとりたくなる心情はわからなくもありません。しかし行政書士のような資格のテキストでは安い中古品に頼ろうとすることは望ましい結果にはなりません。

行政書士の試験には確かに毎年変わらない特徴はたくさんあります。とはいえ毎年必ず何かが変わっています。
どこの行政書士のテキストも毎年必ず新版を出していますが、それは最新の事情、前回の試験の分析結果を盛り込んでいるからです。それを絶対に知らないまま行政書士の試験を受けに行っても成功するとは考えにくいのです。

それに中古品では、購入者が使っている以上汚損がどこかに残っていることもありますし、行政書士のテキストは本を1冊買うようなことではないため、付属の資料等が入っていないといった結果になることもありえます。ましてオークションでは詐欺の恐れもありますからおすすめはますますできなくなります。

行政書士のテキストはどんなに評判の高い商品の場合でも必ず新品を、正規の販売元から手に入れるようにして、無用の危険を回避してほしいと思います。

>出題傾向を徹底研究したテキストならこちら