>出題傾向を徹底研究したテキストならこちら



行政書士はいいテキストがあれば独学OK?

行政書士, テキスト, 独学

行政書士の試験を受けることを決めたら、勉強をせっせとやっていかないといけないことは誰でも想像できます。
それで使えそうなテキストを探すことになるのはわかりますが、ここでちょっとした思い違いをする人たちも 出てきます。優秀なテキストがあれば、それをやるだけで行政書士に受かる、つまり独学で受かるという誤解です。

行政書士の勉強をする人たちは、スクールに入ったり通信講座を取り寄せたりと、誰かに習う方法を選択する 人たちが多いのですが、コストや手間暇を気にするあまり、テキスト等を用意したらあとは独学で行政書士に 受かろうと計画する人たちが必ず出ています。誰にも頼らないで独学で果たして受かるものでしょうか?

確かにいいテキストが市販されている時代ですし、それらを使って独学で行政書士の試験に通った人たちは います。おそらく来年も再来年も、行政書士合格者の中にはテキストを自分で買ってきて独学で勉強した 努力家も混ざっているでしょうが、しかしその人数となるとどうでしょうか?

行政書士の試験は合格率が低い試験として有名になっています。毎年数パーセントしか合格者はいません。
その合格者の中には、スクールや通信講座で勉強を教えてもらった人たちが大部分を占めているでしょう
それも、1年ではなく何年も教えてもらっている人たちが当たり前のようにいます。

いかにわかりやすいテキストがあるとはいっても、独学で行政書士に受かろうとするのは堅実な方法だとは いいがたいのです。よくできたテキストには、執筆者が苦心していますからわかりやすい説明が記載されています。
しかし一方的に読み取るだけでは理解に限界があります。一流の指導者が語る説明を聞ける環境や、 よくわからなくなってしまったときに質疑応答ができる環境があることは、合格を本当に呼び込んでくれます。

テキストのような教材だけで、独学で行政書士試験に通ることは困難です。時間を無駄にする危険が つきまといます。スクールがいやなときは、通信講座に申し込んで、上等のテキストと教材をもらって勉強すれば 独学のように在宅で試験を目指せますからわりといい案になります。