>出題傾向を徹底研究したテキストならこちら



行政書士のテキストと一緒に過去問も忘れずに

行政書士, 過去問

行政書士の試験を目指すことに決めた人たちにとって、まず自分に必要そうなものといったら 何が頭の中に思い浮かんでくるでしょうか? それはやはり行政書士のテキストでしょう。

そこまではどんな人でもほぼ同じですから、わざわざ行政書士のテキストを買うようにいわなくてもいいのですが、 しかしただテキストだけを用意したらじゅうぶんなのではありません、行政書士の試験合格には それ以外にも必要なものがあるのです。
中心にするテキストのほかに参考書の類を買うことを想像する人もいますね。
それは間違いではなくてむしろ当たっています。ただ、行政書士の試験のことをまだぜんぜん知らない段階だと、 六法全書くらいしか想像がおよばないようです。

実は行政書士試験の受験者にとって、テキストと同じくらい大事なものは過去の試験問題です。
過去問は実際の話、行政書士の受験においては教科書と同じくらいの時間をかけて取り組む必要がありますし、 行政書士の教科書を買うときは一緒に、過去問もよく厳選して買わないといけません

それでは、過去問があると行政書士の受験勉強はいったいどう変わるでしょうか?

試験問題の特徴を学ぶことができる
これはかなり大事なことです。何年分もの過去問を読むだけで、行政書士試験の問題の出され方は覚えられますし、 解いてみるだけでも、どんな部分がよく問題に出されているのかなんとなく覚えていけます
試験問題の範囲が突然大きく変わることはめったにありませんから、過去数年分の問題を たっぷりとやっていくことは絶対に必要なことです。

行政書士の勉強にリズムが生まれる
行政書士の試験範囲は広く、テキストに掲載されている範囲も総合すると相当の広さになってしまいます。
行政書士のテキストはもちろんわかりやすくつくってくれているのですが、それでもそんなに量がある以上 ただえんえんと読んでいくことは難儀です。しかし過去問があるとその状況も急変します。
最初のうちはぜんぜん解けないでしょうが、それでも自分がやった部分がテキストのどこに 書かれているかを探して読むだけでも勉強は先に進みます。今市販されている行政書士の過去問は、解説が詳しく 書かれているものが多いため、上質の行政書士の過去問を手に入れることは上質のテキストを手に入れることと 同等かそれ以上の価値があります。

行政書士のテキストを買うときは、過去問を買うことも忘れてはいけないことがここまででも わかっただろうと思います(スクールや通信講座の場合は、講座のほうで指定してくれたり用意してくれたり しますから、上質の講座を選べば迷ってしまうこともありません)。